ヨガ

「ココロの体力測定2017」という、7万人の女性に実施されたアンケート結果が発表されました。
結果はこのようになりました。

■ストレスオフ指数の高い職種ベスト10
1:医師
2:会社役員
3:税理士・会計士・社労士
4:コンサルタント
5:中学校教員
6:旅館・ホテル従事者
7:YOGAインストラクター
8:大学・専門学校教員
9:衣服・繊維製品製造
10:自動車整備士

■ストレスオフ指数の低い職種ベスト10
1:各種運転手(交通関連)
2:キャバクラ
3:客室乗務員(CA)
4:記者
5:警察官
6:畜産
7:金属加工製造
8:ガソリンスタンドスタッフ
9:歯科衛生士
10:訪問販売員

なんと「ストレスオフ指数の高い職種」で、「ヨガインストラクター」が8位となりました!
「ストレスオフ」については、働き方の裁量があるとか、自由度が高いこと、自分のペースで働けると言うことがストレスオフになるようです。
「ヨガインストラクター」も大変な仕事ではあるのですが、そういったイメージが一般の方にはあるようですね。